転職続きガッツ 軽貨物ギグワーク 積み込みのやり方をまとめました@2/4

私のやり方・考え

こんにちわ、転職続きガッツです。軽貨物ギグワークで働いています。

今日は、私の積込みのやり方をお伝えさせて頂きます。

YouTubeでもお伝えしています。限定公開⇒こちら

荷さばきに関しては、また次回、『荷さばきとまわり方』というカタチでお伝えさせて頂きます。

私は、2020年6月から、軽貨物でギグワークドライバーを始めました。

この仕事も、2020年6月から始め、先日運営の仕事を辞めてしまった営業所では、2020年7月から現在まで稼働しております。


ここの営業所は、バラ積みです。

1年半ほどの経験しかありませんがお伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

私の積込み

前回お伝えさせてもらった、荷物の種類を積込んでいきます。

積込む荷物の個数は、
午前のブロックは、100個以上
夕方のブロックは、80~100個近く
夜のブロックは、20~40個ぐらい

今回は、100個ぐらいある時の、私の積み方をお伝えさせて頂きます。

営業所で受付を済ませると、ロールボックス(カゴ台車)とバッグに入った荷物をわたされます。
この時、ロールボックスとバックの中の荷物の黄色のラベルのルート番号を確認して下さい。
たまに、受付で伝えられたルート番号と違うときがあるので
。 ルート番号は、黄色のラベルのアルファベットとなりの番号です。

荷物を車の後ろにセットして積込みます。

ロールボックスのタイヤのロックは、必ず、かけましょう!ロックをかけてなく、風でロールボックスが飛ばされて、他のドライバーさんや、車に当ててしまうと、自己責任になります。

積込むのに基準としてるのは

私が、積込むのに基準としてるのは、黄色いラベルの( )の中の番号です。

積み込む順番は、

①小さいダンボール(40)~(100)…端末上は、【S】、【M】、【荷物】、【パッケージ】と表示されていると思います。

②大きいダンボール(1)~(100)…端末上は、【M】、【L】、【XL】、【荷物】、【パッケージ】と表示されていると思います。

③飲料水(40)~(100)…端末上は、【荷物】、【パッケージ】と表示されていると思います。

④小さいダンボール(1)~(39)と⑤飲料水(1)~(39)

⑥封筒系…端末上は、【荷物】、【パッケージ】、【封筒】と表示されていると思います。

の順番で積込んでます。

荷室の高さをいっぱいに使いたいので、結構、重ねて高さを出して積んでます。高さを使わないで積んだ時、あとあと荷室のスペースがなくなってきてしまう事があったので、高く積むようにしています。

上記で(40)~(100)と書きましたが、これは、その荷物が60個あるという意味ではなく、黄色いラベルで(40)~(100)の番号が割り振られれている荷物という意味です。伝わりにくいですね。
その荷物が60個あるという意味ではないことをご了承ください。

①小さいダンボール(40)~(100)

・小さいダンボールの(1)~(100)をロールボックスから抜き出します。

・ロールボックスの取れる所から崩していき、手に取った順で、( )の番号を見て分けていきます。

・小さいダンボールの(40)~(100)は、一度、荷室に置き、 (40)~(49)、(50)~(59)…(90)~(100)というカタチで、 10ごとに区切って荷物を重ねていきます。10ごとの区切りごとのタワーを作る感じです。【高い番号が下、低い番号が上というカタチで重ねてます。例えば、(49)の上に(47)(44)…(40)と重ねてます。】

・小さいダンボールの(1)~(39)は、ざっくり10ごとに区切って、自分の台車の上に置いていきます。

・ロールボックスの中の、小さいダンボールが、分け終わったら、(40)~(100)の荷物を運転席の後ろの方に積んでいきます。

・(90)~(100)のタワーの上に、(80)~(89)のタワーを重ねます。荷室の高さに余裕があれば、(70)~(79)のタワーも重ねていきます。

・後ろのドアに向かってもう一列作り、(40)~(69)の荷物も、同じように高さを出して積んでいきます。

この画像だと、そこまで高さを出して積んでいませんが、実際だと、シートの首かけより高く積んでいます。

・④小さいダンボール(1)~(39)は、とりあえず台車の上に置いておきます。

②大きいダンボール(1)~(100)

・大きいダンボールも小さいダンボールと同様に、分けていきます。

・荷室のスペースが狭くなってきているので、ロールボックスやバックの上に置いたりしながら分けてます。

・(80)~(100)を重ねて、助手席の後ろから高さを出して積んでいきます。荷室の高さに余裕があれば、(70)~(79)のタワーも重ねていきます。

・後ろのドアに向かって列を作りながら、(40)~(69)も、高さを出して積んでいきます。

・(1)~(39)の大きいダンボールは、小さいダンボールの(40)~(100)を積んだ後ろに積んでいきます。大きいダンボールで、小さいダンボールを崩れないように、押さえるような感じです。

この画像でも、そこまで高さを出して積んでいませんが、実際は、もう少し高く積んでます。また、長細い大きいダンボールは縦に積むときもあります。

どの荷物にも当てはまるのですが、『天地無用』・『↑』などの置き方・積み方の表記がされている荷物は、ダンボールの中の荷物が破損してしまう可能性があるので、表記通りに積むようにしてください。

③飲料水(40)~(100)

・飲料水の(40)~(100)は、大きいダンボールの(40)~(79)を積んだ後ろのスペースを広く使って、なるべく高さを出さずに、フラットに積んでいきます。

上から見た感じです

・⑤飲料水(1)~(39)は、④小さいダンボール(1)~(39)と同じタイミングで積んでいきます。

・飲料水を後ろに固めて積んでいる理由は、台車を後ろに積んでいるからです。飲料水は、段差などの障害物がない限り台車を使って運んでます。なので、後ろのドアをあけたら、飲料水はすぐに台車に乗せれるように積んでいます。

④小さいダンボール(1)~(39)と⑤飲料水(1)~(39)

・飲料水の(40)~(100)の上に、小さいダンボール(1)~(39)と飲料水(1)~(39)を(30)~(39)、(20)~(29)…(9)~(1)というカタチで、10ごとのまとまりにして荷物を重ねていきます。

ダンボール系の荷物が積み終わったら、私は、ここで、自分の台車を積んでしまいます。

大きいダンボールの(1)~(39)の後ろあたりに、積んでます。

⑥封筒系

・封筒系の荷物は、ロールボックスと一緒に渡されたバックの中に入っています。

・封筒系の荷物を積むときは、( )の中の番号は気にせず、後ろのドア付近に、積んでいきます。

・茶封筒(小)と茶封筒(大)は、それぞれのまとまりにして積みます。

・ダンボールみたいな封筒と白い袋は、ダンボールや台車の間を詰める感じで積みます。積みきれない場合は、サイドのドアからあいている隙間に積んでいきます。

・追加で、封筒系の荷物の種類の中に、紙袋に入った荷物もありました。

・私は、ここまで積んだら、営業所を出発します。積込み始めて、15分~20分ぐらいです。

1件目で封筒系仕分け

・封筒系は、配達1件目についた時に、仕分けます。5分~10分ぐらで仕分けてます。

・最初にダンボールみたいな封筒・白い袋・紙袋、次に茶封筒(大)、最後に茶封筒の(小)の順番で3回戦に分けて、仕分けていきます。

・一気に分けようとすると、荷室にスペースがない状態なので、余計時間がかかります。なので、この順番で仕分けています。ダンボールみたいな封筒・白い袋・紙袋を分けを終わると結構スペースができてきて、仕分けしやすくなります。

・(1)~(39)は、後ろのドア付近のあいてるスペース。

・(40)~(79)は、運転席側のあいているスペース。

・(80)~(100)は、助手席側のあいているスペース。

・封筒系の荷物が荷室に積みきれないことがあります。その時は、助手席に積むこともあります。私は、基本、助手席のスペースは使わない派です。

これが、基本的な私の積込み方です。

スポンサーリンク

積込み時間は30分間?

曖昧なのですが、積み込みの目安の時間があります。

入場開始可能な時間から30分間だと思います。

9:15入場開始がオッケーのブロックであれば、9:45までには
9:30入場開始がオッケーのブロックであれば、10:00までには
という感じになっていると思います。

運営の仕事を辞める間際に、他の営業所の見学に行きました。その時、その営業所では、自動音声で積込み時間のアナウンスが流れていました。詳しい内容は忘れてしまったのですが…

積込んでいる時間も目安があるみたいです。

私も、営業所の方に、積込み時間を指摘されたことがあります。

なので、私なりに時間を短縮しようと思い、私が積み込み作業で1番時間かかる封筒系の仕分けは、1件目についてからやの積込みスタイルになりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回、私の積込み方を紹介させて頂きました。

私は、黄色のラベルの( )の中の番号を基準に、小さいダンボール、大きいダンボール、飲料水、封筒系の荷物の順番で、番号ごとのまとまりにして積み込みをしています。※その時の荷物の荷姿や重さなどで、重ねる順番を入れ替えるときもあります。

積み込みは、何を基準に、荷室のどこに、何を積んだのかがわかっていれば、良いと思います。

積めない荷物がないように、荷室のスペースを上手く使いながら、積む順番も決めておいた方が良いと思います。

一応、今のところ、私の今の軽バンの荷室で、積めなかったことはありません。少し前に、エブリィDA62を乗っていたときは、荷室が今よりちょっと狭かったので、積込みに苦労していたこともありましたが、積めないということはありませんでした。
他のドライバーさんで、バンではなく、ワゴンタイプの車を使用いている方で、何人か積めませんと相談されたことはありましたが、ほとんどの方は、バンタイプの車で、その日渡された荷物は、積み切って配達をしています。

しょうもない私のやり方を紹介させて頂きました。

これから始められる方、始めて間もない方、自分だったら、あーする、こーするなど、自分なりの積込み方を見つけていって頂けたらなと思います。

私もまだまだなので、試行錯誤していきます。

次は、私の荷さばきとまわり方をお伝えさせて頂きます。

この記事を書いた人
転職続きガッツ

転職続きで、特別な、知識、技術、経験もない人間、ガッツです。

不器用な人間なので、職場になじめず、転職を繰り返してきました。

職場に迷惑をかけたくないので、個人でできる仕事はないか探していた所、軽貨物の仕事を知り、2020年6月から始めました。

現在、軽貨物で『ギグワーク』という働き方を選んで仕事をしています。

ギグワークを始めた時から、この宅配の仕事もやり始めました。
配送業は経験あったのですが、宅配は未経験から始めました。

この仕事を始めた当初は、端末の操作もわからず、宅配ボックスの存在すら知らず、道に迷うわで、ばたばたしながらやっていました。

やっていく中で、4ヶ月間ほど、色つきのベストを着て運営側のお仕事もさせて頂きました。

運営側は辞めてしまいましたが・・・

この仕事は、できるようになると安定した収入を得られるのと、自由にシフトが組めるので、私はとても良い仕事だなと思っています。
軽貨物でギグワークとしてやっていくのであれば、できるようになっていたほうがいい仕事の1つかなと思っています。

でも現状は、仕事を覚えるまでは、大変です。
覚えてからも、大変ですが・・・
あと、これからどのようになっていくのかわからないのですが・・・

すべてはお伝えできないのですが、私の経験してきた事や私の考えなのですが、お伝えしていきたと思います。

新しく始めようとしている方、始めて間もない方の、アドバイスになればいいなと思っています。

一応、妻、子ども4人の39歳パパです!
サッカーやるのが大好きです!

転職続きガッツをフォローする
私のやり方・考え
スポンサーリンク
転職続きガッツ 軽貨物ギグワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました