転職続きガッツ 軽貨物ギグワーク 端末上のマップのピンの番号と黄色いラベルの番号についてまとめました@3/4

現在の仕事

どうも、転職続きガッツです。軽貨物ギグワークで働いています。

今回は、私の荷さばきとまわり方をお伝えしようと思ったのですが、

また、先にお伝えしておいた方が良いなと持ったことがあったので、こちらの方を先にお伝えさせてもらいます。

今回は、端末上のマップのピンの番号と黄色いラベルの番号についてです。この番号同士がリンクしているということです。

YouTubeでもお伝えしています⇒こちら

私の把握している範囲でお伝えさせてもらうので、間違っている場合があるかもしれません。わからないところもあります。
また、私が運営の仕事をやらせてもらっていた営業所でのやり方なので、他の営業所とはやり方が違う部分もあります。
その点ご了承ください。

スポンサーリンク

端末上のマップのピンの番号は…

AIが推奨している配達順の番号です。
だいたい、いつも、⑤とか⑦から始まります。①から始まるのは、今まで見たことないです。、
この端末上のマップのピンの番号をタップすると、お客様情報が出てきて、黄色いラベルの番号も端末上に表示されます。

何がリンクしているのかというと、少し例を出します。


端末上のマップのピンの番号が⑤から始まる場合、

⑤タップすると

お客様情報や配達方法とともに、黄色いラベルの番号も端末に表示されます。

ここで、端末上のマップのピンの番号とリンクするのが、黄色いラベルの( )じゃないほうの番号です。

黄色いラベルの見方は『荷物の種類(荷姿)と黄色いラベル』というのでお伝えしたのですが、

( )じゃないほうの番号は、配達するる順番がAIで組まれていて、AIの配達順番上で住所ごとに割り振られている番号です。

なので、端末上のマップのAIが推奨している配達順の1番目のピンの番号⑤をタップすると、
黄色いラベルのAIの配達順番上で住所ごとに割り振られている番号、( )じゃない番は、【1-(1)】と端末にも表示されるはずです。

もし、グルーピングされていて、AIの配達順番上で、1件目に同じ住所で3個の荷物があったら、
どのように表示されているかというと、
荷物に張られている黄色いラベルは【1-(1)】・【1-(2)】・【1-(3)】となり、端末上も同じように表示されます。
この説明の流れで、AIの配達順番上、2件目で、端末上のマップのピンの番号が⑥で、グルーピングされている荷物が2個あった場合、
どのように表示されているかというと、
荷物に張られている黄色いラベルは【2-(4)】・【2-(5)】となり、端末上も同じように表示されます。

わかりずらかったと思うのですが、
端末上のマップのピンの番号と黄色のラベルの( )じゃないほうの番号は、AIの組んだ配達順番という意味としては同じで、始まる番号が違うだけということになります。

黄色のラベルのについては、こちら!

( )の中の番号は、配達する荷物の1個1個に対して、AIが配達順に割り振った通し番号です。

という、端末上のマップのピンの番号は、黄色いラベルの番号とリンクしているということをお伝えさせてもらいました。

スポンサーリンク

まとめ

端末上のマップのピンの番号と黄色いラベルの番号は、どこがどうリンクしているのかということを把握しておくと、まわり方を決める時などの役に立ちます。

次回は、私の荷さばきとまわり方をお伝えさせて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました